エリアトラウトや、渓流ルアーでどのように、リールを選べば良いか?

1.まずはタイプ
リールには、ベイトリールとスピニングリールが主に使われますが、その他スピンキャストなんかも根強い人気があります。
今回はベイトリールか、スピニングリールか?という点で考えてみたいと思います。
エリアトラウト 渓流ルアー リール

エリアトラウト 渓流ルアー リール

最近では、ベイトフィネスが流行りだし、ベイトリールにシャロースプールが搭載され2gくらいのルアーもキャストできるようになりました。
ラインもPEラインが使用され、飛距離も出せます。

メリットは、スピニングリールと違い、ベイル操作がありませんので、キャストからリトリーブまで手返しが早くなります。エリアトラウト、渓流ルアーどちらも手返しが早い方が、釣果につながります。
それと、渓流ルアーでは必須のピンポイントキャストにはサミングできるので、ベイトリールの方がキャスト精度が高めやすいと言えます。

このため、ベイトリールに慣れてる方は、トラウトや渓流ルアーでもベイトリールを選ぶ傾向にあります。初心者にはバックラッシュというトラブルがあります。ブレーキ調整をちゃんとしてればバックラッシュはあまり起きませんが、それでも初心者はバックラッシュと無縁ではありません。

ベイトリールは、手返しが早い、キャスト精度が高い、バックラッシュがあるということです。

次にスピニングリールですが、軽いルアーをキャストしやすく初心者でも扱いが簡単です。
放出量(飛距離)が調整しにくいという点があります。ベイトリールのようにスプールの回転を指で微調整できないので、調整しくいです。スプールから放出されているラインに指をあてて、調整することができますが、初心者には難しいです。

スピニングリールは扱いが簡単だけど、ベイル操作の分手返しが悪くコントロールが必要なポイントは弱い。

2.サイズ
スピニングリールは1000番、ベイトリールは軽いもの。
ロッドが4~6ftのULとなりますので、ロッドバランス(前後の重量配分)から1,000番となります。ライン容量もナイロンラインで3LB~6LBが100mも巻ければ十分です。スプールが深い場合は、幅広のビニールひも下巻きして調整します。

3.ドラグ
ドラグは、メーカーによって性能差があります。ポイントとしてはラインを引き出した時に、スムーズに出てくるか?ということに尽きると思います。
なかなか初心者では判断できないかもしれませんが、このあたりは経験を積んで問題を感じ始めたら、買い替えでOK。使い方は、魚が走ったらラインを放出できる状態にするのが基本ですが、水の流れ、ライン強度と、魚のサイズで、状況にあわせてやりとり中に調整していけると楽しくなります。

4.ギア比
エリアトラウトの場合は、軽いルアーをゆっくり引くことが基本ですので、ギア比は低めが良いです。
渓流ルアーは、使うルアーやキャスティングスタイルで異なります。
下流にキャストするダウンが中心の方は、ルアーを水流に乗せて巻いてくるので、通常のギア比が向いています。逆に上流にキャストするアップが中心の方は、流れより早く巻いてこないと行けないので、高いギア、ハイギアが向いています。
迷ったら、ノーマルでOKです。

5.ハンドルの向きは右?左?
スピニングの場合は、どちらでも変えられるので最初に選ぶ必要はありません。ベイトは交換できないので、最初に選ばなければなりません。
最初に、巻く手とロッドアクションをする手を決める必要があります。
特にトゥイッチという操作は、利き手じゃないとやりにくい場合がありますので、ロッドを利き手で持つ人もいます。
逆に微妙なリトリーブスピードや、ハンドル操作のしやすさを利き手でやりたい人もいます。
ベイトロッドで、キャストする手と、リトリーブする手が同じ人は、持ちかえるので、手返しの良さが無くなります。

リール選びの要因としては、まずは1~5くらいです。最初は良くいくエリアや渓流にあわせて行くのが良く、わからなければショップの方に、予算もあわせて相談すると良いと思います。