やっぱり凄い!アブガルシアのエントリーモデル、ブラックマックス。
BMAX3L

右ハンドルのみの取り扱いでしたが、US正規品の左ハンドルが入荷しました。

今更、ブラックマックスを語る必要もないけども。
BMAX3L--01

どのメーカーもそうだけど、エントリーモデルのプロモーションにはほとんどお金をかけない。
ましてや、テスターが使って評価報告されることもなく、いつ発売されたの?ってのが、釣業界のエントリーモデルの位置づけ。

しかし、多くのアングラーはエントリーグレードに期待し、安価に趣味を楽しみたい人にとって、無くてなならないグレードで、売れる台数もダントツです。

しかし、台数が売れてしまうので、メーカーのブランドイメージを形作って行く点を考えると、開発において一番、手を抜けないグレードともいえます。

ブラックマックスは3世代目になり、価格からみると低く抑えられ誰にとっても手が出しやすい、明らかにエントリーグレードなのですが、上記のブランドイメージを作るという点から考えると、取り込まれた性能は高く、ボディ形状においては上位グレードと同等となり、スプールとロッドは一段と近づき、レベルワインダーとロッドにある最初のガイドとの摩擦も小さく、飛距離とパーミングのしやすさに貢献し、アブガルシアの哲学が盛り込まれています。

価格を抑えるためにとっていることは、素材のグレードを下げ多少の重量的な犠牲をはらっている点で、わずかでも軽量したいというトップアングラーに求められる要素は削られています。

「数もサイズも追わない、レジャーとして普通に釣りを楽しみたい。」

わずかな重量差で価格が3倍も4倍になるくらいなら、少々の重量差は無視しても、安価で高性能なリールを手に入れたい。そう多くの人は思うのではないか?それを実現しているリールだと思う。

浮いたお金で、1回でも釣行に行った方が、得られるものはきっと多いはず。

ブラックマックスは、驚異的な価格です。

購入希望はこちら
http://store.shopping.yahoo.co.jp/tackleshop-sunnyday/bmax3-L.html